満ち足りた道を歩む
みちみち


何気ない日常から新たな自分を発見する。
県立広島大学 准教授 高木雅之先生が研究者のキャリアをかけて編み出し、
進化を続ける講座。国際的な専門誌にも取り上げられました。
幼児から高齢者まで、一人一人が満ち足りた道を歩む社会が、少子高齢化対策及び
多様性を認める文化を育むと我々は考えています。

お知らせ

当団体の最新情報はこちらに掲載しています。内容につきましては随時アップデートしていますので、本ページをブックマークして定期的にご確認いただくことで、みちみちの活動、講座開催などの重要な情報を逃すことなくご覧いただけます。

事業内容

高齢者が安心して暮らし、子育てしやすい街づくり。五感を使って日常を楽しむ。日常の忙しさがあなたの楽しみを奪っていませんか?時間を持て余した毎日に嫌気がさしていませんか?忙しくても時間を持て余していても習慣サイクル「する→書く→話す」が、あなたの五感を刺激して楽しみの種を膨らます。簡単な記憶の枠組みと気付きの習慣サイクルをあなたにご提供します。詳しくはサービス内容をご覧ください。

「生活充実講座」を地域に広める会〜みちみち〜

広島県三原市が活動の拠点。高齢者が安心して暮らし、子育てしやすい街づくりに貢献しています。生涯学習サイクル「する→書く→話す」を体験して頂ける講座。さらに、生涯学習サイクルを具体的に活用して頂ける講座をご提供します。幼児から高齢者まで、切れ目のない人財育成の流れを社会的共通資本にして行きましょう!そして、持続可能な三原市を次世代に継承して行きましょう!